飲み方の注意点

青汁の目からウロコな飲み方&食べ方

飲み方の注意点

青汁は自然のものだけでできていますので、医薬品のような副作用はありませんが、稀に下痢や腹痛を引き起こすことがあります。食物繊維豊富なため、いきなり過度に摂取してしまうと、内臓が驚いて拒否反応を起こし、その結果、下痢や腹痛となってしまうのです。ただ、この場合は、単純にしばらく飲むのを止めるか、量を少なくして見ると、大体の症状は改善されるようになります。
また、気をつけたいのが便秘になった時。え?青汁は便秘解消の切り札じゃなかったの!?と思われるかもしれませんが、実は食物繊維には水溶性と不溶性という2種類があり、どれでも沢山摂取すれば便秘が解消されるというわけではないのです。不溶性の食物繊維を摂取する際は、気をつけて水分を多めに取ることが大切です。青汁の中にも水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維とがありますので、便秘解消を目的としている方は、原料を確認したり、こまめに水分補給をすることによって、さらなる便秘を回避することができます。
最初に書いたように、青汁には副作用というものはなく、自分の体調やお腹と相談して飲み方を調整するということが基本です。いろいろな成分の青汁を試して見ると、自分にとってベストな青汁と出会えるはずです。

ホーム RSS購読 サイトマップ